小笠原 みほこおがさわら みほこ

岐阜県飛騨市議会議員

選挙区
岐阜県飛騨市
小笠原-みほこ
生年月日
1966.10.20(53)
主な経歴
幸福実現党 飛騨市地区代表。
趣味・資格など
美容師免許を持つ。

末広町でサロンを経営するかたわら、夫の浩一さんが生前経営していた『フォトスタジオヒロ』を手伝っていた経験を生かし、高山市内の写真スタジオにも勤務している。

人と接することが大好きで、小さい子は特に大好き! 撮影スタジオで、子供さんが笑ってくれることが、本当に幸せな瞬間です。

飛騨市の皆様のために、この身を捧げる熱意は、誰にも負けません!

女性ならではの目線と、若さとバイタリティーを武器に頑張ってまいります。

何とぞご支援の程、よろしくお願いいたします!」
お伝えしたいこと
~飛騨市を、誰もが安心して暮らせるまちにしたい~

はじめまして!小笠原みほこと申します。
飛騨市古川町末広町にて、義父と長男、そして愛犬1匹と一緒に暮らしています。
愛する地元・飛騨市で暮らす誰もが、安心して元気で豊かに暮らしていけるよう、日々活動しています。
見かけたらぜひお声をかけて下さい♪

私のポリシー

 

子育て中のお母さんが安心して笑顔で暮らせるまちに

私自身、長女と長男の2人の子育てを経験し、長女は結婚して孫が生まれ、もうすぐ2歳になります。
子育てに不安になったり、ストレスがたまったり、本当に大変な中、頑張っていらっしゃるお母さんたちを見るたびに、本当に心に寄り添ったケアが大切だなあと感じます。

自宅で経営しているリラクゼーションルームでは、フットケアといった身体のケア以外にも、悩み相談にのったり、お茶を飲みながらおしゃべりしてもらったりと、年齢に関係なく女性の皆さんの癒しの場として使っていただいています。
女性の笑顔は、世の中を明るく豊かにすると信じている私です!

そして何より、行政にしか出来ないこと・・・経済的にも安心して出産できる環境作りや、仕事と家庭を両立しやすい環境作りなどにしっかり取り組み、若い方が安心して暮らせるよう、子育てするなら飛騨市だね!
と言われるような、素敵なまちづくりのために活動してまいります。

 

お年寄りが安心して笑顔で暮らせるまちに

子育て世代以外にも、老後の不安、福祉や介護の不安を抱えている方にも心から寄り添い、解決のために積極的に活動してまいります。

さらに、近年、増えている異常気象や天変地異に対する防災対策に力を入れていきます。地震による被害や、大雨による水害は、他人事ではありません。

飛騨市では、防災無線がありますが、設置からかなりの年月が経過していることと、全戸には設置されていないのが現状です。

全戸設置が急務だと考えています。

また、私の義父はとても耳が遠く、しばしば防災無線が聞こえないと言います。義父に限らず一人暮らしのお年寄りの方が、万一無線に気づかずに逃げ遅れたら・・・と、とても心配です。それに私自身も、雨の日などザーザーという雨音にかき消されて聞こえにくい時があります。

音で知らせるだけではなく、見ただけで警報がわかるようにするなどの工夫も必要だと感じます。

携帯電話やスマートフォンでのアプリもありますが、お年寄りにはとても使いこなせないのが現状です。

まず市民のいのちの安全を守ることが、行政の何より大事な仕事だと考えています。

おすすめコンテンツ