大川隆法党総裁

大川隆法総裁は、2009年に幸福実現党を立党しました。大川隆法総裁が立党当初に発表し、その救世の情熱を示した「幸福実現党の目指すもの」と、大川隆法総裁のプロフィールをご紹介します。

幸福実現党創立者 兼 総裁

幸福実現党創立者 兼 総裁

大川 隆法おおかわ りゅうほう

大川隆法公式サイトはこちら

党総裁プロフィール

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。

1956(昭和31)年7月7日
徳島県に生まれる。
東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。
1981(昭和56)年
大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。
1986(昭和61)年
「幸福の科学」を設立。信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。

説法回数は2,700回を超え(うち英語説法100回以上)、また著作は29言語以上に翻訳され、発刊点数は全世界で2,300書を超える。
『太陽の法』(幸福の科学出版刊)をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。

また、映画「さらば青春、されど青春。」(2018年初夏公開)、「宇宙の法-黎明編-」(同年秋公開)など、13作の劇場用映画を製作総指揮している。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園(中学校・高等学校)の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版(株)創立者、ニュースター・プロダクション(株)会長、ARI Production(株)会長でもある。

おすすめコンテンツ