和田 みなわだ みな

兵庫県 / たつの市議会議員

選挙区
兵庫県たつの市
和田みな
生年月日
1982.05.16(36)
出身地
兵庫県
最終学歴
昭和57年 たつの市新宮町新宮生まれ(北新町)
新宮町立新宮小学校・中学校 卒業(副生徒会長)
龍野高等学校 卒業(53回生/野球部マネージャー)
佛教大学 大学院 日本史学専攻 修了(近代史)
主な経歴
YIC京都工科大学校 客員講師(2012年まで)
HS政経塾にて3年間政治経済を学ぶ(3期生)
現在: 自営業「MAP7」、たつの重暉会代表
家族:(主人と両親、弟、犬、猫)
ラジオ大阪などでコメンテータとしても活躍
千賀ノ浦部屋たつの後援会(公報担当)、英斎塾塾生、日本会議中西播磨支部会員
現在、幸福実現党 兵庫県本部 たつの市地区代表
趣味・資格など
著作: 『公立学校に宗教教育を』(HS政経塾)
趣味: 釣り、キャンプ、伝統芸能鑑賞、詩吟、格闘技
好きな言葉: 自ら反みて縮くんば、千万人と雖も、吾往かん。(自分の心を振り返って正しければ、たとえ相手が千万人であっても敢然と進んでこれに当ろう
お伝えしたいこと
歴史を振り返っても「楽な時代」はありません。先人のたゆまぬ努力のおかげで日本はあり、日本の未来に「今」、責任を持つのは私たちです。それを放棄する「下山の思想」がはびこる現在、明るい未来を示せない政治家はいりません!

私のポリシー

【兵庫スペシャル対談】
みなと侑子(兵庫県本部代表)✕ 和田みな(たつの市地区代表)

たつの市のために、みなやってのける!

播州で生まれ育ち、同級生として「龍野高校」で共に学んだ2人に、郷土についての想いや未来ビジョンを聞きました!

 

■学生時代のエピソードは?

みなと: 龍野高校在学時の和田さんのイメージは、野球部のマネージャーとして真っ黒に日焼けしているイメージです(笑)。

和田: 懐かしいですね。幼いころから父の影響で野球が好きだったこともありますが、「高校生の青春と言えば甲子園」と単純に考えていました。夏は真っ黒に日焼けして、冬は寒い中グラウンドに水をまきました。猪が掘り返したマウンドを埋めたり、多くのことを学び、鍛えられました。

みなと: それと、和田さんのもう一つの印象は、「歴女」だということです!

和田: 決して日本史の点数が良かったわけではないのですが、幼いころから歴史が大好きでした。

織田信長や高杉晋作・・・新宮図書館で借りた伝記や小説を全て読み、ずっと英雄に憧れていました。
その後、京都の大学で日本史を専攻しました。大学院にも進学し、近代史や近代の都市づくりを研究しましたが、大人になってから郷土の歴史を知らないことに気づき、現在、学びなおしています。郷土史を学ぶと、先人の愛にふれるようで、感動の連続ですよ!
著名な歴史学者R.トインビー博士は「歴史を忘れた民族は滅びる」と言っています。それは地方都市にも当てはまるのではないでしょうか。
遺跡や史跡が観光資源として重要なことはもちろんですが、その地域に住んでいる人の地域愛が地域活性化の源だと思います。

 

■子どもたちの未来のために

みなと: 大人になってから3年間東京にあるHS政経塾で政治経済の勉強もしましたね。

和田: 本当にありがたい経験でした。特に都市計画や憲法問題、教育問題を専門に研究しました。

みなと: 今、気になっている問題は何かありますか?

和田: いじめ問題です。7年前から一般財団法人「いじめから子供を守ろうネットワーク」の活動に参加していじめ問題に取り組んできました。
2011年に起こった大津市の中学生のいじめ事件を受け、「いじめ防止対策推進法」が成立しましたが、その後もいじめ事件は続いています。この法律には、いじめを隠ぺいした教師への罰則規定がないんです。
子どもたちの未来を壊す「いじめ」を許すことはできません。私はたつの市を全国に先駆け「いじめ撲滅宣言都市」として「いじめ処罰条例」の制定を進めたいと思っています。
法的にも「いじめは悪」と規定し、先生方が毅然とした態度で対処すること、加害者への罰則の可能性を明記することが必要です。上記の点を法的に明記することで、いじめに対して抑止力が働くものと思っています。まずこの取り組みから始めたいですね。

みなと: そこに住む人の心を豊かにし、たつの市の未来を担う子供たちの未来を守ろうとしているのですね。私も子育て世代、女性として和田さんの活躍に期待しています。

活動のご紹介

たつの市に「女性力」を!!

【1.教育】

  • いじめ撲滅都市宣言
  • 公教育の学力向上
  • 偉人・郷土史教育の充実

 

【2.土地利用の再検討】

  • 医療施設の利便性向上
  • 観光資源の有効活用
  • 空き家対策
  • 農地の利用の再検討
  • 急斜面地の土砂災害対策
  • 街灯の充実

 

【3.女性も輝くたつの市へ】

  • 地域に密着したボランティア活動の充実
  • 女性の視点を市政に(女性の市会議員を誕生させます)

 

~たつの市政へのご要望をお聞かせください~

最近、市民の皆様から、次のようなお声を頂きました。

  • たつの市の借金(財政赤字)が心配だ。
  • 夜道が暗いので危ない。
  • 水害や土砂崩れの心配がある。
  • 新宮小学校周辺の土地利用の見直し。
  • 新宮高校の跡地利用を有効に進めて欲しい。
  • 新宮宮内遺跡の史跡公園整備が中途半端で観光客が来ない。
  • 姫新線を電化して欲しい。
  • 空き家が増えて危ない。
  • 水道代が高い(新宮町)。
  • 総合病院が遠い(新宮町)。
  • 女性の市議会議員がいて欲しい。
  • 猪や鹿が出て、畑の被害や交通の妨げになっている。

ご意見、ありがとうございました。皆様のお声がたつの市の発展・幸福の種だと考えます。
ご要望やお声を「和田みな」にお聴かせてください!

おすすめコンテンツ