森田 のりこもりた のりこ

東京都奥多摩町議会議員

選挙区
東京都奥多摩町
森田 のりこ
出身地
東京都西多摩郡奥多摩町
最終学歴
都立多摩高等学校
主な経歴
1964年9月1日生まれ
奥多摩町立古里中学校卒
都立多摩高等学校卒
介護施設勤務
幸福実現党奥多摩地区代表
趣味・資格など
趣味:俳句、コーラス
お伝えしたいこと
皆様、こんにちは。森田のりこと申します。
川井で生まれ育ち、いまも川井に住んでいます。
私たちの町にも、少子高齢化、過疎化の波が押し寄せ、生活や地域活動に支障が出てきております。  
また、ひとり暮らしのご高齢の方や、認知症のご家族を抱える方も多く、緊急時の連絡体制の確立も必要です。
大好きな奥多摩をまもりたい! もっと住みよい町にしたい! もっと町を盛り上げていきたい! 
誰もが住みよく、活気に満ちた奥多摩にすることが私の願いです。
現在、奥多摩が直面している問題を解決し、地元の皆様が、今後も安心して暮らせる町にしていくために、森田のりこ後援会を立ち上げました。
ご不便や、お困りごとがございましたら遠慮なくご連絡ください。
森田のりこが、女性ならではのきめ細やかさと優しさで、皆様と行政の懸け橋となってまいります。

私のポリシー

おくたまNEXTビジョン!

ご高齢の皆様と認知症の皆様が安心して暮らせるまち

ひとり暮らしのご高齢の方や認知症の方でも、安心して暮らせる町づくりを目指して、地域のボランティアによる、ゴミ出し、見回り、送迎など、住民同士の相互扶助体制を推進してまいります。
将来的には、モノとインターネットをつなげるIOT技術によって、家電製品などにセンサーを設置することで、ご高齢の皆様の安否を離れたところから確認できるシステムを構築してまいります。

ご高齢の皆様の移動の自由を支え外出頻度を高めます

移動手段がないことによる、外出時の不自由を解消してまいります。
①小型電動自動車のカーシェアリングの推進
②買い物や町内移動支援のミニバスの導入
③町内外から高齢者の方の送迎ボランティア制度を導入。ボランティア活動の促進のために、奥多摩のキャンプ場や、お土産購入時に利用できるボランティア・クーポンを検討してまいります。

IT特区を設立 IT企業を誘致

東京の最西端で最先端の仕事を!
近年、ITの進化に伴い、自然豊かな環境の中で、パソコン等を使って仕事をするスタイルが、世界的に広がっています。奥多摩にピッタリのライフスタイルです。
来年から実用化される次世代移動通信(5G)を活用して、奥多摩に都心部と同じように仕事ができる環境を整えることで、IT企業の誘致を推進してまいります。釣り、カヌー、キャンプ、農業――自然を楽しみながら仕事をする。最先端技術と自然の融合で、町の活性化を目指します。

横田基地を国際空港に 西多摩エリアに巨大経済圏誕生

羽田と成田に続く、首都圏空港として期待されているのが、福生市の米軍横田基地です。
横田基地を民間航空に開放する「軍民共用化」により、空港へのアクセスに資する道路や電鉄等のインフラ、周辺のまちづくりが促進され、西多摩エリアに巨大経済圏が誕生します。
大量の雇用が創出され、それに伴い、奥多摩の人口は増加し、青梅線の本数も増大します。
横田基地の空港化は、首都圏航空機能を補完するばかりでなく、奥多摩を始めとする多摩地域の振興はもとより、日本経済の発展にもつながります。

おすすめコンテンツ