2035年の
日本

消費税増税を選んだ日本の未来~【ドラマ】「2035年の日本」

社会保障のためとか言われて、よく分からないうちに消費税の増税を選んでしまった、ある1人の人間の後悔。

断ち切れ! 増税スパイラル

今、国民の多くが最も不安を感じていることは老後の生活です。いつまで働くことができるのだろうか。病気で働けなくなったら家族はどうなるだろうか。老後の年金はいくらもらえるのだろうか。若者世代も同じ不安を抱えています。

消費増税では老後の年金を賄えない

安倍政権は消費増税で社会保障の財源をつくり、国民の不安を解消しようとしています。しかし、現在の支給水準を保ちながら、年金支給を消費税で賄おうとすると、2060年には68.5%の消費税が必要になるという試算もあります(原田泰元早大政治経済学術院教授)。また、2019年4月には、OECD(経済協力開発機構)が、日本の消費税を最大26%まで引き上げる必要があると指摘しています。

今のままでは、“増税スパイラル”が続いたまま、売上も賃金も上がらない“デフレ不況”に逆戻りしてしまいます。私たちはこんな“重税国家”を、子供たちに残したくはありません。

断ち切れ! 増税スパイラル

消費増税では老後の年金を賄えない

安倍政権は消費増税で社会保障の財源をつくり、国民の不安を解消しようとしています。しかし、現在の支給水準を保ちながら、年金支給を消費税で賄おうとすると、2060年には68.5%の消費税が必要になるという試算もあります(原田泰元早大政治経済学術院教授)。また、2019年4月には、OECD(経済協力開発機構)が、日本の消費税を最大26%まで引き上げる必要があると指摘しています。

今のままでは、“増税スパイラル”が続いたまま、売上も賃金も上がらない“デフレ不況”に逆戻りしてしまいます。私たちはこんな“重税国家”を、子供たちに残したくはありません。

断ち切れ! 増税スパイラル

作ろう! 減税で健全財政

しかし、私たちには実現可能な、希望への道がまだ残されています。それが、日本経済をもっと成長させていく政策です。

日本経済はまだまだ成長できる!

日本経済が成長すれば、企業が支払う法人税や従業員が払う所得税が増え、全体の税収は増えていきます。日本のGDPは約550兆円ですが、これが2倍の1000兆円以上になれば、税収も2倍以上になります。

日本経済はまだまだ成長できる!

「日本は少子高齢化社会だから、経済はもう成長しない」と思い込んでいる方もいるかもしれません。しかし、日本がゼロ成長の「失われた30年」を過ごしている間に、米国や英国などの国々は経済規模を2倍、3倍に増やしています。

日本経済はまだまだ成長できる!

日本経済が成長すれば、企業が支払う法人税や従業員が払う所得税が増え、全体の税収は増えていきます。日本のGDPは約550兆円ですが、これが2倍の1000兆円以上になれば、税収も2倍以上になります。

日本経済はまだまだ成長できる!

「日本は少子高齢化社会だから、経済はもう成長しない」と思い込んでいる方もいるかもしれません。しかし、日本がゼロ成長の「失われた30年」を過ごしている間に、米国や英国などの国々は経済規模を2倍、3倍に増やしています。

各国の名目GDP推移

平成時代の度重なる消費増税は、日本経済の成長を止めた大きな要因の一つです。例えば、2014年4月、消費税を5%から8%に増税した結果、個人消費は未だに回復していません。アクセルとブレーキを同時に踏んだら車が前に進まないように、アベノミクスは消費増税でブレーキを踏み、日本経済を失速させてしまったのです。

日本経済の発展を止めた“増税政治”に終止符を!

世界経済の不透明感も増しています。米中新冷戦で、ドナルド・トランプ大統領は中国の覇権を阻止するために本気で取り組んでいます。報復関税の応酬は激しさを増すばかりです。中国向けの輸出が多い日本企業には、業績への悪影響がすでに出ています。輸出の見通しが暗い状況のなか、もし消費税を10%に増税してしまったら、リーマンショック級の経済危機を引き起こす可能性があります。

今必要なのは、消費減税で、日本経済(名目GDP)の6割を占める個人消費を元気にすることです。景気が良くなれば、企業が納める法人税や従業員が納める所得税が増え、全体の税収も増えます。老後の生活を守る社会保障の財源も作り出せるのです。

米国では、トランプ大統領が共和党の支持を受けながら「大規模減税」を実施し、米国経済を押し上げています。しかし、日本では「減税」を主要政策に掲げる政党が与党にも野党にも見当たりません。日本経済の発展を止めた“増税政治”に終止符を打ちましょう!私たちは「消費減税で、一人ひとりが豊かになる国」を実現します。

おすすめコンテンツ